女性の薄毛に効果的な食べ物(成分)は?

薄毛対策・育毛コラム

女性の薄毛に対して、効果的な食べ物にどのようなものがあるのでしょうか?

食べ物を変えることで、薄毛や抜け毛に効果があるとしたら、取り入れていきたいですよね。

頭皮、頭髪によい食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

薄毛対策に効果的な食べ物(成分)

薄毛を改善したいと考えるなら、バランスの良い食事を心がけることは大前提です。

その上で積極的に摂りたい食べ物(成分)をご紹介

1.亜鉛を含む食べ物

まずどのような成分が入った食べ物が良いかというと、亜鉛が入っているものになります。

亜鉛は、天然の食物に含まれていますので、定期的に取ると良いでしょう。

例えば、

牡蠣、ほや、レバー(豚)、牛肉、かに缶、コンビーフ缶、鶏肉、チーズ、ビーフジャーキー、パルメザンチーズ、ピュアココア、など。

どんな食べ物にでも入っているわけではありませんし、亜鉛だけを食べていれば栄養が偏ってしまいます。

食生活に取り入れるのが難しい場合は、サプリメントなどを利用するのもいいでしょう。

 

2.タンパク質を含む食べ物

亜鉛に加えて、積極的に摂りたい成分は、タンパク質です。

そもそも髪の毛の主成分はケラチン。

ケラチンとは、18種類のアミノ酸からできたタンパク質なんですね。

ケラチンが不足すると発毛しにくくなったり、薄毛になったりします。

タンパク質を多く含む食べ物をあげると

  • 肉類
  • 魚介類
  • 乳製品
  • 大豆製品

など。

タンパク質には、

  • 動物性タンパク質
  • 植物性タンパク質

の2種類があります。

上記の例でいうと、大豆製品は植物性タンパク質、その他は動物性タンパク質となります。

タンパク質が大事だとわかっていても、カロリーが気になる……。

肉は控え、植物性タンパク質ばかり摂っている女性も少なくないかもしれません。

ですが、植物性タンパク質より、動物性タンパク質の方が、吸収率が高いというメリットもあります。

どちらに偏ることなく、両方のタンパク質を摂取していきましょう。

 

3.ビタミンを含む食べ物

ビタミン全般、大切な栄養素です。

それぞれのビタミン、いろいろな役割を果たしてくれます。

例えば、ビタミンB群は、頭皮の新陳代謝を高めてくれる育毛にかかせない成分。

(ビタミンB2,B3,B5,B6,B7,B9,B12)

なかでもB6は重要。

タンパク質をアミノ酸に分解する際に必要な栄養素だからです。

ビタミンB6を豊富に含む食べ物は、レバー(牛、鶏、豚)や生ハム、あさり、ししゃも、まいたけ、マッシュルームなど。

また、頭皮の血行を促進するビタミンA、ビタミンEも薄毛予防に効果的と言われています。

ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンEは、オリーブオイルや黒ごま、ナッツ類に多く含まれています。

 

4.コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンもタンパク質の一種です。

「コラーゲンでお肌ぷるぷるっ」などと言われますが、肌にはもちろん、頭皮や髪の毛にも必要な成分。

コラーゲンを多く含む食べ物としては、

牛すじ、手羽先、モツ、レバー、フカヒレ、鮭(皮つき)、ぶり(皮つき)、アジ、うなぎ、えび、いか、など。

コラーゲンは、健やかな頭皮や毛髪に欠かせませんが、カロリーが高い食品も多いです。

高カロリーになりすぎないように注意しましょう。

 

まとめ

薄毛に悩んだら、まずは髪によい栄養をしっかり摂りましょう。

育毛のためはもちろん、健康にもつながります。

同時に、抜け毛の原因につながる食べ物は避けるべきでしょう。

インスタント食品や、脂っこすぎる食事、砂糖のたくさん入った食品など。

たまに食べるのは構いませんが、栄養バランスの悪い食事を続けていると薄毛になりやすい状態に。

何を食べるかも大事ですが、同時に何を食べないかも意識して、薄毛対策していきましょう。

コメント